• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 大原千鶴さんの「夏野菜の焼きびたし」「いかの和風ファルシー」

2017/03/17

大原千鶴さんの「夏野菜の焼きびたし」「いかの和風ファルシー」

■創刊60周年記念企画
家庭画報の「レジェンド・レシピ」 料理研究家編 08

家庭画報は創刊から60年間にわたり、各年代の料理シーンをリードする多彩なレシピをご紹介してきました。そんな誌面を作り続けられたのは、個性豊かな料理研究家の先生がたのご協力があってこそ。おいしい料理で家庭に笑顔あふれる時間をもたらす、名品レシピをまとめました。

「レジェンド・レシピ」とは…

創刊号から最新号まで、『家庭画報』に掲載された料理は実に膨大な数に及びます。今、あらためて後世に伝えたい料理を編集部が厳選しました。これらを家庭画報の料理レシピの殿堂入りと認定します。

※レシピは、掲載時の材料と作り方を基本としています。
※ご紹介した料理はあくまで家庭で作るために考案したものであり、料理店ではオーダーできません。



大原千鶴さんの「夏野菜の焼きびたし」「いかの和風ファルシー」

大原千鶴さんは、2010年3月号の「華やかに、京ちらしずし」や、卵料理や酒の肴といった多彩な企画で、和食への深い造詣を礎にしつつ、今どき感のある料理を提案してくださいました。

170317_rg_02.jpg

2010年8月号掲載


「フレッシュ野菜レシピ」で紹介した焼きびたしは、自家菜園を楽しむ大原家の定番メニュー。「じか火焼きやオイル焼きにすると水分が程よく抜けて甘みやうまみが引き出されます」と大原さん。2016年12月号の「冬魚の新・定番レシピ」では、ジューシーな豚ひき肉を詰めて冷めても美味な“いかの和風ファルシー”など、魚介のおいしさを効果的に引き出す調理法を教わりました。どちらも、いつもの食材にひと手間かけるだけで、新鮮なおいしさが作れるレシピです。

170317_rg_01.jpg

レシピは次ページでご紹介>>

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
クイーンエリザベス
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年08月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー