• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 簡単だけどルックスは華やか。おもてなしに「まぐろのボッコンチーニ」

2017/03/18

簡単だけどルックスは華やか。おもてなしに「まぐろのボッコンチーニ」

Cookbook_Everyday_18 March

ボッコンチーニとはイタリア語で「ひとくち」の意味。ひとくちサイズのモッツァレラチーズもボッコンチーニといいますよね。本日はひとくちサイズにした、まぐろの赤身の前菜をご紹介します。簡単な調理なのに見た目も美しく華やかで、おもてなしに重宝しますよ。東京・白山の人気イタリアン「ヴォーロ・コズィ」西口大輔シェフのレシピです。


まぐろのボッコンチーニ 撮影:高橋栄一 170318_maguro_1.jpg 「赤身の風味を引き立たせるため、添える野菜は主張しすぎないように細かいみじん切りに。フードプロセッサーを使ってもかまいませんが、水分が出やすいのでよく水気をきってくださいね」(西口シェフ)。

【材料 2人分】
・まぐろ(刺し身用赤身) 150g

・にんじん 小1/8本(10g)

・セロリ 小1/8本(10g)

・ズッキーニ(皮の部分) 10g

・白ワインビネガーのドレッシング※ 大さじ1/2

・塩、飾り用タイム 各適量

※エキストラ・バージン・オリーブ油と白ワインビネガーを4:1の割合で配合。そこに白ワインビネガーの10%の重量の塩を加えます。イタリアでは「オーリオ・エ・アチェート」と呼ばれています。ほのかなワインの香りとマイルドな酸味で、野菜の旨みを引き出すのに最適。作っておくと便利です。

まぐろは塩で下味を>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
クイーンエリザベス
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年08月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー