• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 野菜の鮮烈な味わいを楽しむ、谷 昇シェフの「生のラタトゥイユ」

2017/05/15

野菜の鮮烈な味わいを楽しむ、谷 昇シェフの「生のラタトゥイユ」

Cookbook_Everyday_15 May

火は通さないのです。角切りの野菜を塩もみし、にんにく風味のオイルとオリーブ油、トマトから出たジュースで和えて、黒こしょうをふる。それだけ。しかし、でき上がった1皿は野菜の鮮やかな風味と滋味にあふれ、まさに「フレッシュラタトゥイユ」のネーミングがぴったりです。あるいはいまや全国区となった、山形の郷土料理「だし」のフレンチ版とでもいえましょうか。『ル・マンジュ・トゥー 谷 昇シェフの ビストロ流ベーシック・レシピ』より。

「野菜のフレッシュ感を追求したオリジナル。ラタトゥイユのように煮込まないのでコクは出ませんが、サラダ感覚のこの料理を気に入っています。大きさを揃えて切るのはラタトゥイユへのオマージュと、表面積が大きいほうが塩をふったときにジュースが出やすいからです」(谷シェフ)。


フレッシュラタトゥイユ 撮影:原 務 170515_fresh_1.jpg 【材料 2~3人分】
・トマト 大1個(150g)

・赤パプリカ 1個(130g)

・ズッキーニ、なす 各1本(各100g)

・玉ねぎ 1/2個(100g)

・塩 4g

・オリーブ油 大さじ2

・黒こしょう 適量

■にんにく風味オイル(作りやすい分量)

・にんにく 25g

・オリーブ油 150cc

まず、にんにく風味オイルを作りましょう>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー