• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 「合わせ薬味」は、和のミックスハーブ。香り豊かなサンドイッチに

2017/05/18

「合わせ薬味」は、和のミックスハーブ。香り豊かなサンドイッチに

Cookbook_Everyday_18 May

当コラムでも大好評、野﨑洋光さんの「合わせ薬味」は、これからの季節、ますます活躍の場が増えます。ねぎ、生姜、青じそ、みょうが、貝割れ菜。合わせ薬味は、いわば和のミックスハーブ。混ざることで香りが複雑になり、実はサンドイッチやパスタなどの洋風料理にもすんなりとなじむんですね。今日はハム&チーズとサンドイッチに。合わせ薬味は作りおきして、和食だけでなく、気軽に自由に使ってみましょう。野﨑さんの著書『作りおきで便利、「分とく山」のかくし味』より。


合わせ薬味のサンドイッチ 170518_sand_1.jpg 【材料 2人分】
・サンドイッチ用食パン 4枚

・スライスチーズ、ハム 各1枚

・マヨネーズ 適量

合わせ薬味 適量

【作り方】
1:食パンの片面にマヨネーズを塗る。

2:1を2枚1組にし、1組にはチーズと合わせ薬味を、1組にはハムと合わせ薬味をはさみ、食べやすく切る。


人気料理店「分とく山」で使っている、合わせ薬味と4種のたれ。焼いた肉に薬味をかけるだけでさっぱり食べられ、ゆでた魚介にたれをかけるだけですぐにメインの一品になります。薬味もたれも作り方は簡単で、作りおきも可能。合わせ薬味とたれを使ったアレンジレシピもたっぷり掲載。これで家庭の料理も一気にランクアップしますよ。
170329_cover.jpg

作りおきで便利、「分けとく山」のかくし味(世界文化社)
野﨑洋光(著)
定価:本体1,300円+税


amazon_buy_h80.png
  • 1

この記事は全1ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
クイーンエリザベス
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年08月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー