2017/05/15

和食、洋食の名店の味を銀座のサロンで美酒と楽しむ「南蛮1934」

樹齢300年のカウンターや南蛮文化を彷彿させるアンティークの調度品が彩る空間はまさに銀座のサロン。食事前の待ち合わせに、あるいは食後のくつろぎのひとときに立ち寄りたいお店として古くからのファンが多いこちらですが、実は名店の味を気軽にいただける場所として進化を遂げています。

20170515_fd_03.jpg 写真は季節のフレッシュフルーツのシャンパンカクテル2000円。

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー