2015/06/26

キング・オブ・ダイヤモンドの輝き〈ハリー・ウィンストン〉

06_HarryWinston.jpg1896年、宝石商の息子としてニューヨークに生まれたハリー・ウィンストン。幼い頃より宝石への才能を示した彼には、12歳にして偶然訪れた質屋にて無数の安価な宝石の中から当時の価格で800ドルのエメラルドを見つけ出したというエピソードが残されています。1932年、ニューヨーク五番街にて創業。次々と繰り出されるデザインと、アイデアにより、その名は世界に浸透していきました。  150615_jw_hw_00.jpgハリー・ウィンストンが追求したのは、大粒で極上のダイヤモンドの輝きを最大限に活かす方法です。石を留める地金がほとんど見えず、まるで素肌の上に直接ダイヤモンドをつけているかのように見える「ウィンストニアン・スタイル」は、ブランドを代表するセッティング。あらゆる角度から光を取り込んで輝くダイヤモンドの美しさは、他の追随を許しません。ラウンド・ブリリアント、ペアシェイプ、マーキースカット…輝きの異なるシェイプのダイヤモンドを立体的に組み合わせることで、無限の美が生まれることを誰よりも知る、ハリー・ウィンストン。「ダイヤモンドがデザインを決める」というブランドの姿勢は、本当に美しいダイヤモンドさえあれば、他に何もいらないことを私たちに教えてくれます。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


和光のバッグ
母の日キャンペーン
インスタ

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年05月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー