2015/11/20

和モダンで彩る嵐山の夏~花匠・佐々木直喜さんによる宝厳院の夏景色〜

夏の木々が微風に葉先を揺らす7月の終わり、天龍寺塔頭「大亀山宝厳院」にて、花匠・佐々木直喜さんによる生け花のデモンストレーションと、資生堂のラグジュアリー・スキンケア「資生堂 フューチャーソリューション LX」をタッチ&トライで体験できるイベントが開催されました。

生け花の舞台は、普段は非公開の宝厳院書院。窓の向こうに「獅子吼の庭」が広がり、その庭にひらめきを得た佐々木さんは窓枠を花で飾り、同じ書院の別の窓には「資生堂 フューチャーソリューション LX」にハマナスと一輪のバラを添えてみせました。斬新な出来に参加者の皆さんからは感嘆の声が。

151121_sal_01.jpg カサブランカ、サンキライ、トルコキキョウなど6種の花を使って窓枠を彩りました。佐々木さんは、会場を下見した際、庭の美しさに打たれこのデザインを思い立ったそうです。

その後、田村能里子画伯筆の本堂襖絵「風河燦燦 三三自在」を拝見し、昼食会場の「嵐山 熊彦」へ移りました。美にまつわる料理を盛り込んだ夏会席を堪能した後は、資生堂のスタッフによるタッチ&トライがスタート。生け花、食、スキンケアを通じ、いつも以上に美に対する意識の高まる夏の好日となりました。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


和光のバッグ
母の日キャンペーン
インスタ

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年05月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー