• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 春を告げる福岡県のブランドいちご「あまおう」の魅力をめぐるスイートな物語

2017/03/07

春を告げる福岡県のブランドいちご「あまおう」の魅力をめぐるスイートな物語

都道府県のスペシャリテ
「福岡県」

「あまい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字が品種名の由来である「あまおう」。福岡県農業総合試験場で育成し2005年に登録されたこのいちごは、県内限定の生産でありながらも全国的にも人気が高く海外へも輸出されるなど、高いブランド力を誇っています。今の季節はまさに「あまおう」の最盛期。家具のまちとして有名な大川市は、一方でいちご農家が多く、あまおうの一大産地です。なかでも「楽農ファームたけした」では、減農薬での「あまおう」の生産に挑んでいます。いちご生産農家ならではの「あまおう」を贅沢に使ったジャムなどの加工品も人気を呼び、ジエラー卜は昨年、山陽新幹線の車内販売(期間限定)に採用されました。

170314_tr_01.jpg 「あまおうジエラートJ は、乳脂肪分を入れす、舌触りを損なわないいギリギリを追求した果肉含有率56パーセント。6個入3500円。

170314_tr_02.jpg きぴ砂糖を使用、果肉含有率85パーセントの「あまおういちごジャム」。2個入り2980円(ともに税・送料込み)

170314_tr_03.jpg 楽農ファームたけしたでは減農薬で育てた完熟あまおうを直送で届けている。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
今森光彦傘
ホテル企画
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年07月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー