2017/05/01

神々に選ばれた聖なる地 伊勢志摩・美味リゾートへ

『家庭画報』創刊60周年を記念し、クラブツーリズムとのコラボレーションにより今年スタートした、夢のオリジナルツアー「家庭画報の旅」。
『家庭画報』本誌の特集でご好評いただいたテーマを中心に、名所、美味処、名宿を厳選。“本物に出会う”素晴らしい世界へ皆さまをご案内します!



■神々に選ばれた聖なる地 伊勢志摩・美味リゾートへ

2016年、先進国首脳会議の開催地に選ばれ、注目された伊勢志摩。その中核を成す伊勢神宮は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を主祭神とする皇大神宮(内宮)と豊受大御神(とようけおおみかみ)を主祭神とする豊受大神宮(外宮)の両正宮を中心に、14の別宮と109の摂社・末社・所管社で構成された日本最大の聖地です。

2000年以上前から日本人の心の拠り所であり続けたこの地はまた、神様にお供えする食事「ご神饌(しんせん)」を奉納してきた「御饌(みけ)つ国」としての豊かな文化も育んできました。代表的な食材は、伊勢志摩の海でとれる黒鮑と伊勢海老。思わず唸る味わいと食感は磯の宝といえます。また、近年では肉のうまみと、とろけるような食感が楽しめる松阪牛も日本を代表する高級ブランド牛の一つとして世界の美食家に愛されています。

今回の旅ではこうした地域の美味を堪能しつつ、首脳会議の開催地となった賢島の「志摩観光ホテル」に連泊。ゆとりの行程で、伊勢志摩の魅力に浸ります。

夫婦岩をお参りする二見浦詣

170501_tr_01.jpg 二見興玉神社の沖合にある夫婦岩。この沖合700メートルの海中に沈む、猿田彦大神ゆかりの興玉神石を拝む鳥居の役割を果たしている。伊勢神宮への参拝者の多くがここを訪れる。写真/asula/PIXTA

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
クイーンエリザベス
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年08月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー