• トップ > 
  •  > 
  • SPECIAL > 
  • GWに出かけたい「花の寺、花の社 」~3. 楞厳寺、神童寺~

2017/04/25

GWに出かけたい「花の寺、花の社 」~3. 楞厳寺、神童寺~

花は、自然が与えてくれた生命の輝き。その美しさに触れるとき、誰もが幸せな気持ちになります。今年のゴールデンウィークは、花参詣に出かけてみませんか。 ゴールデンウィークに見ごろを迎える花々に出会える「花の寺、花の社」。第3回は山間に咲く三葉つつじが美しい、京都の楞厳寺、神童寺です。
*花ごよみはあくまで目安です。花の咲く時期は前年の天候や直前の寒暖に左右され、前後にずれることがありますので、ご確認ください。

170424_tera_01.jpg 桜とともに愛されてきた、深山を染め上げる紅紫の花

~三葉つつじ~ 楞厳寺(京都)

日本人の心の花といえば、まず浮かぶのが桜ですが、万葉の頃、並び立つように愛されたのがつつじ。「つつじ花にほえをとめ、さくら花さかえをとめ」の歌からも、原風景にあったことが偲ばれます。園芸種として親しまれる常緑性のつつじに対し、三葉つつじは落葉性。深山つつじとも呼ばれ、山間に咲く野趣が魅力です。葉に先駆けて、細い枝先に花をつけるので、冬景色を一気に紅紫に染め変えていく華やぎがあります。


京都でも自然豊かな地にある楞厳寺には、蓮池の向かいの山に数千株が群生し、水面に映り込む景色はまさに幽玄。「11月末には、毎年200人を超える檀家のかたがたが総出で、雑木を払い枝を間引いて手入れをしてくださいます。ご奉仕あっての景色なのです」と住職。  

上写真/蓮池の先に広がる三葉つつじは、広さ13,000㎡もの山一面に群生。1株から30本ほどの枝が出て、花が密に咲き競う姿が美しい。つつじ山にはあちらこちらに仏像が祀ってあり、花のトンネルを歩きながら、四国八十八箇所巡りを疑似体験することもできる。

170424_tera_02.jpg
楞厳寺(りょうごんじ)
聖武天皇時代の732年に林聖上人が開基となった高野山真言宗の寺院。長井一禾による四季の鴉が描かれた襖絵で知られ、丹波のカラス寺の愛称をもつ。関西花の寺霊場第2番でもあり、桜から紅葉まで四季の花々が楽しめる。

住所:京都府綾部市舘町楞厳寺6
TEL:0773-47-0043
拝観:8時30分~17時
志納料:200~300円
交通:JR山陰本線綾部駅から車で10分
花ごよみ:4月中旬~下旬

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー